今日って何の日?【 3月28日 】
三ツ矢サイダーの日
⇒「み(3)つ(2)や(8)」の語呂合わせ。アサヒ飲料が制定。
 

 

庶民の皆様!!

 

やっほー。
ありか皇太子です❤

 

本日のテーマは

 

 始めての一人暮らし。お部屋選びの10のポイント

もう一週間もすれば、新年度です。

 

春からウキウキ大学生の人もいれば、ドキドキ新社会人の人もいることでしょう。
そして、これを機に親元離れ “一人暮らし” を始める人も多いのではないでしょうか! 

 

そんな一人暮らしを始める際に特に重要なのが “お部屋選び”
あんな家に住みたい、こんな家に住みたい…ext
妄想は無限に広がりますねw

 

ただ、「始めての一人暮らしだから、どういった所に気を付けて部屋を選んだらいいか分からない!!」なんて人も多いのではないでしょうか。
一回住み始めると、引っ越すのにも莫大な費用が掛かるし、後悔はしたくないですよね。

 

と、ゆーことで、今日は僕が一人暮らしをし始めた結果、部屋を選ぶ際に “ココは特に注意して選んだ方がいい” と思う、以下10のポイントをご紹介します。

築年数

間取り&専有面積

立地

トイレ

お風呂

ベランダ

収納

コンセント

インターネット環境

 

皆さんそれぞれ、こだわりのポイントはあるかと思いますが、“最低限ここには注意して選んだ方がいい” とゆうポイントです。
これから一人暮らしを始める人や引っ越しを考えている人は、参考にしていただければと思います!

 

それでは、どーぞ!

 

 

  <その1>築年数

A.オススメは “築5年以下”

 

気にしない人もいるかもしれませんが、『築年数』が浅いに越したことはないです。
綺麗だし、設備(特にお風呂や水回り)が最新なので、この後出てくるオススメポイントが取り込まれて設計されていることが多い。

 

家賃は多少上がってしまうかもしれませんが、妥協して古いお家に住むよりは、多少背伸びしてでも “築5年以下” で探すことをオススメします!

 

 

  <その2>間取り&専有面積

A.オススメは “1LDK以下 かつ 40㎡以下”

 

始めての一人暮らしだと、「やっぱり広くて、お部屋の多い物件に住みたい」なんて思う人もいるのではないでしょうか。
もちろん、その夢を持つことは良いと思いますが、広くて・部屋数が多いから幸せかというとそんなことはありません!!

 

それはなぜか。
掃除がめちゃくちゃ大変!! ← これマジ。

 

実家暮らしの時、自分の部屋を定期的に “自分で” 掃除してましたか?
もし答えが “イエス” ならOK。好きな間取りのお部屋に住みましょう。
ただ、大多数の人が “ノー” かと思います。
「出掛けてる間にママが掃除機かけて整理整頓してくれていた」か、「掃除しなさい!!と口うるさく言われしぶしぶやっていた」のどちらかでしょう。

 

一人暮らしを始めると気づくのですが、”埃” ってなにも無いところから湧いてくるんですw
あと、髪の毛ね。めちゃくちゃ抜け落ちてて、家中至る所に落ちてます。

 

そして部屋だけでなく、お風呂やトイレ、水回りから玄関まで、一人暮らしを始めるとそれだけの場所の掃除をしなければいけないわけです。
1週間掃除しなかったら、相当埃と髪の毛溜まりますからね…

 

そーゆーわけで、お掃除の苦手な貴方でも約1時間あれば一通り掃除が終わる “1LDK以下 かつ 40㎡以下” のお部屋をオススメします!

 

 

  <その3>立地

A.オススメは “駅から徒歩7分以内かつ近所にスーパー有り”

 

立地に関して気を付けたいことは、最寄駅からの距離とお店事情。

 

・まず最寄駅からの距離(時間)

ホームページ等の物件情報に記載されている “徒歩〇分” は信用しちゃダメ。
だいたい、記載時間の1.3倍程度は時間がかかると思っておきましょう。
実際は横断歩道があったり、起伏があったりするので記載どおりの時間では歩けません。
また、雨の日や風の日のことを考えると、10分がギリギリ耐えられる距離。
ただ、自転車や車を利用する人はある程度条件を緩和してもいいかもしれません。

 

・次にお店事情

お家の周りに、飲食店が2店舗以上かつスーパー1件は最低限欲しいところかと。
普段から自転車や車を利用する人はこちらも気にしなくて良いかと思いますが、一人暮らしをしていると予期せぬ事態が多々発生しますので、ちょこっと買い出しができるお店が近所にあると絶対便利です。

 

 

  <その4>窓

A.オススメは “窓2つ以上(ベストは北と南に1つずつ)”

 

部屋によっては、”玄関の他にはベランダに出るための扉しか開けられる所がない” なんて場合もありますが、選択肢がいくつかあるなら、窓が2つ以上ある部屋をオススメします。
なぜかと言うと、窓が2以上ないと “家の中に風を通すことができないから”

 

特に夏場に強く感じますが、風を通すことができるか否かはとても重要!!
換気扇を回すことでも空気の流れを作ることはできますが、窓を開けて風を通す時と比べると断然物足りない…
風を通すことができれば空気の入れ替えもできますし、夏場の電気代の節約にもつながります

 

とゆーことで、部屋に風を通すことができる位置に窓がある部屋をオススメします。

 

 

  <その5>トイレ

A.オススメは “暖房便座付きトイレ”

 

これは人によるかと思いますが、個人的には “暖房便座” のトイレをオススメします。
冬場のトイレの便座…めっちゃ冷たいからね…

 

後は、トイレにも収納があると便利です。
トイレットペーパーのストックやトイレ用洗剤なんかをそこに収納しておきましょう。

 

 

  <その6>お風呂

A.オススメは “自動保温と追い炊き機能付きのお風呂”

 

普段お風呂に入らない人は気にしなくてもいい項目ですが、毎日お風呂に入る人には必須条件かと。
特に追い炊き機能の有無は人生を大きく左右しますw

 

また、毎日お風呂に入る人が絶対気にしなきゃいけない条件は “都市ガス” かどうか。
プロパンと都市ガスではガス代に大きな差があります。

 

一人暮らしをし始めて実感する光熱費の存在…
光熱費は毎月必ず発生するモノですから、なるべく節約できる部屋を選びましょう。

 

 

  <その7>ベランダ

A.オススメは “洗濯物が干せるベランダ”

 

洗濯物はね。花粉の時期を除き、お外に干すに限ります。
洗濯物の生乾きほど気持ち悪いものはありませんからね。

 

また、欲を言うなら、お布団も干せたらなお良し!
稀に、ベランダがあっても、防災の関係から外に洗濯物が干せない部屋もあるので、選ぶ際には事前に確認しましょう。

 

 

  <その8>収納

A.オススメは “クローゼット2つ以上”

 

備え付けの収納がないと、自前でタンスや収納を用意する必要が出てくるので、それだけで費用がかかりますし、部屋の場所もとられてしまいます。
部屋を綺麗に見せる秘訣は “収納をいかに上手に使うか” にあります。← 僕の持論ですw

 

今は、”壁一面収納” なんて部屋もありますので、物が多い人は是非部屋選びの条件に加えてみてください。

 

 

  <その9>コンセント

A.コンセントの位置関係は事前にチェック!

 

コンセントの位置関係は超重要!
TVやパソコンの設置位置はコンセントに依存します。

 

なので、部屋の内見の際に、コンセントの位置をチェックし、自分の思ったとおりの配置で家具・家電が設置できそうか事前に確認しておきましょう。

 

 

  <その10>インターネット環境

A.オススメは “無料Wi-Fi完備”

 

皆さんインターネット環境は必須かと思いますが、部屋によってはその建物として契約しているWi-Fiを無料(家賃に含まれている)で利用できる場合があります。
なんて便利!!

 

インターネットを自分で契約して設置するのは凄い手間なので、この無料Wi-Fiが完備されているかどうかは結構大きいかと。

 

ただ、ネットゲームをする人やレスポンスを気にする人は多少手間でも自前でインターネット契約した方が良いです。

 

なので、自前でインターネット契約するつもりの人は、逆に無料Wi-Fiが完備されていない物件を探した方がお得かと。

 


 

以上。

僕が一人暮らしをして実感した個人的な意見なので、参考程度にご覧いただければと思います。

ただ、住み始めてから後悔しても遅いので、条件は妥協せず、しっかり選ぶようにしましょう。

ではでは💞

 


 

本日もご覧いただきありがとうございました ♪

 

☛ GOODボタンもポチッとね!

 

☛ お気に入り登録 & SNSでの共有 & フォローもお願いします!

 

ありか皇太子の音域調査室はコチラ

ありか皇太子の音域調査室


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。